株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズ
研究開発
クラウド・スコープ・テクノロジーズの研究開発について
クラウド・スコープ・テクノロジーズのR&Dビジョン
生活インフラのIT化が進む便利な社会において、お客様の新たな価値創造や、
快適で安心できるITC社会づくりに貢献する技術革新に取組んでまいります。
主な研究開発の取組み
1.IPインフラにおける「ネットワーク業務やサービスの見える化」技術の研究開発
2.高信頼型超高速データ受信技術の研究開発
3.NGN向け映像配信システムの品質制御技術の研究開発
4.SaaS/PaaS/IaaS上仮想システムの管理技術の研究開発
5.データセンターにおける低消費電力管理など、グリーンIT制御技術の研究開発
R&Dアクティビティ
2014/07/03
当社は独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT)より委託され「光統合ネットワークの管理制御およびノード構成技術に関する研究開発」を平成22年度~平成25年度までの4年間進めてまいりました。
この度委託研究期間が終了し、終了評価がNICT HPに公開されました。
 
2013/06/17

【Interop2013で研究成果を展示】

独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT)の委託研究「光統合ネットワークの管理制御およびノード構成技術に関する研究開発」の研究成果を、Interop2013にて展示しました。

 

<当日の会場の様子>

写真1写真2写真3写真4

2013/03/25

当社は、2013年3月、独立行政法人情報通信研究機構(以下、NICT)、ルネサスエレクトロニクス株式会社および大阪大学による産学官合同で光パケット制御装置を用いた実証実験に成功しました。

 

この合同実証実験は、NICTの委託研究「光統合ネットワークの管理制御およびノード構成技術に関する研究開発」の一環としてなされたものであり、当社は光パケットネットワークの運用管理システムを研究開発し、その運用管理技術の有用性を実証しました。

 

[ pdf概要はこちら(PDF) ]
2013/03/21

【論文発表】

 

2013年電子情報通信学会(IEICE)総合大会に於いて

当社から2件の発表を行いました。

 

<大会名>

2013年電子情報通信学会総合大会

<会期>

2013年3月19日(火)~22日(金)

<会場>

岐阜大学(岐阜市)

 

<当社発表スケジュール>

2013年3月21日(木)13:00~

 

通信ソサイエティ(B-12.フォトニックネットワーク)

B-12-8:『光パケット・光パス統合ネットワークの運用管理方法の一検討』

B-12-9:『光パケット・光パス統合ネットワークにおけるネットワークの

     統合管理手法の一検討』

 

大会詳細はこちら

 

2012/09/12

【論文発表】

 

2012年電子情報通信学会(IEICE)ソサイエティ大会に於いて

当社から2件の発表を行いました。

 

<大会名>

2012年ソサイエティ大会講演論文集

<会期>

2012年9月11日(火)~14日(金)

<会場>

富山大学 五福キャンパス(富山市)

 

<当社発表スケジュール>

2012年9月11日(火)13:00~

 

通信ソサイエティ(B-12.フォトニックネットワーク)

B-12-1:『光パケット・光パス統合ネットワークの運用管理方法の一検討』

B-12-2:『光パケット・光パス統合ネットワークにおける光パケットネット

     ワークの運用管理方法の一検討』

 

2012/06/15

【Interop 2012 OpenFlow ShowCaseでOpenFlow対応Hexaを展示】

 

当社はジュニパーネットワークス株式会社様と協力して

仮想ネットワークの「見える化」を実現するフレームワークを

展示いたしました。

当社のMPLS網監視システムHexaを用いて、OpenFlow対応の

プロトタイプを開発し、トポロジー情報の見える化とOpenFlow

テーブルの表示に成功いたしました。

 

ITpro(日経BP社)

【Interop 2012】
ジュニパー、OpenFlowにも対応した仮想スライス技術をShowCaseで披露
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120614/402663/

 

2012/03/22

電子情報通信学会2012年全国大会において当社研究員が講演を行いました。

 

<講演日時>

2012年3月21日(水)13:00~

<講演場所>

岡山大学

 

<講演題目>

チュートリアルセッション

BT-4.通信ネットワーク情報管理

『仮想化ネットワーク時代のネットワーク情報の見せる化技術』

 

[発表概要]

近年、IaaSやPaaSに代表されるようなクラウドサービスでは、より多くの機能や情報が一つのネットワーク上で実現されることが求められ、より多くの仮想化技術が利用されてきています。一方で、ネットワークの管理は複雑になり、運用コストの増大や、ネットワークの変更や故障時の影響範囲が大きくなる問題があります。

本講演では、これらの課題を解決していくための「ネットワーク監視に求められる統合監視」や「ネットワークの見せる化」に関して議論していきます。

 

2012/01/25

【INTERLINK 第18号に寄稿】

インテック発行の季刊誌『INTERLINK 第18号』に、当社が独立行政法人情報通信研究機構(NICT)より受託している研究の『光統合ネットワーク』について分かりやすく解説した記事を掲載しています。

 

[ pdf記事詳細(PDF) ]
2011/09/15

2011年電子情報通信学会(IEICE) ソサイエティ大会に於いて

当社から3件の発表を行いました。

 

<会期>

2011年9月13日(火)~16日(金)

<会場>

北海道大学(札幌市)

 

<当社発表スケジュール>

9月14日(水) 13:00~

 

通信ソサイエティ(B-8 通信方式)

B-8-18:『アプリケーション指向型コンテンツ伝送方式の一検討』

B-8-19:『光統合ネットワークの管理における管理情報取得の一検討』

B-8-20:『C/D-Planeを組み合わせた光統合網の管理方式に関する一検討』

 

2011/09/08

平成23年度 第1回 九州インターネットプロジェクト(QBP)研究交流会において

講演を行いました。

 

<日程>

2011年9月6日(火) 15:00~17:10

<場所>

AIMビル(北九州市)

 

<講演タイトル>

『SNSなどを支える仮想化&クラウド時代に求められるシステム技術管理』

 

当日のセミナーの様子はこちら

 

[ pdf講演資料(PDF) ]
2011/07/20

独立行政法人情報通信研究機構(NICT)から受託している研究開発の、平成22年度研究成果が発表されました。

 

【当社受託研究開発課題】

光統合ネットワークの管理制御およびノード構成技術に関する研究開発

 

【研究期間】

平成26年3月末まで

[ pdf詳細(PDF) ]
2011/07/13

技術評論社主催のテクニカルセミナー

「クラウド時代のサーバ/インフラ運用術」において講演を行います。

 

<日程>

東京会場:2011年7月29日(金)

大阪会場:2011年8月26日(金)

<講演タイトル>

『震災を経験した日本における仮想化&クラウド化時代の

統合監視システムの構築の仕方、運用の仕方』

2011/06/23

2011年6月23日~24日に、和歌山大学にて開催するフォトニックネットワーク(PN)研究会、ネットワークシステム(NS)研究会、光通信システム(OCS)研究会の合同研究会において、光統合ネットワーク管理モデルの方式研究成果を発表しました。(発表タイトル:『光統合ネットワークの管理システムのシステム構成の一検討』)

研究会開催プログラムはこちら

2011/03/14
2011年3月14~17日に東京都市大学・世田谷キャンパスで開催する電子情報通信学会(IEICE)の全国大会において、WDM技術を利用した光パスと光パケットで構成される光統合ネットワークの管理手法に関して発表しました。(発表タイトル:『光統合ネットワークの管理モデルの一検討』)
2010/11/19

情報通信マネージメント(ICM)研究会にて、当社SaaS/PaaS/IaaS管理製品MoonWalkerを利用した、ライブマイグレーションの自動監視技術、SaaS/PaaS/IaaSシステムの構成変更管理・運用技術に関して発表しました。(発表タイトル:障害影響を迅速に把握するための、プライベートクラウド環境の構成「見える化」技術の一検討)

[ pdf発表資料(PDF) ]
2010/11/18

情報通信マネージメント(ICM)研究会にて、『仮想ネットワークと管理技術の現状と今後の動向』と題して発表しました。

[ pdf発表資料(PDF) ]
2010/04/23

IPv6オペレーションズフォーラムにて、KICHIEMONを次世代通信検証網に導入する際に、IPv6コンテンツ配信システムを提供するベンダとして経験した開発・運用技術『IPv6対応NGN向け映像配信システム開発と利用時のてんやわんや』を発表しました。

[ pdf発表資料(PDF) ]
2010/01/22

Janogにて、「統合、仮想ネットワークにおける問題点と、一気通貫の監視・管理手法」を提案しました。

[ pdf発表資料(PDF) ]
2009/11/13

情報通信マネージメント研究会(ICM研究会)にて、映像配信システムKICHIEMONに実装している基本技術『ネットワーク品質が確認可能な次世代映像配信システム』を発表しました。

[ pdf発表資料(PDF) ]
2009/11/12
情報通信マネージメント研究会(ICM研究会)にて、PATHMANAGERの基本技術である『ネットワーク情報の「見せる化」技術と、ネットワークオペレーション業務の簡易化と高機能化』を発表しました。 [ pdf発表資料(PDF) ]
2009/09/04

6OPF(IPv6オペレーションフォーラム)にて、IPv6管理に関する「デュアル・デュアル監視の重要性」を提案しました。

-IPv6/IPv4デュアルスタック監視
-IPoE/IPトンネリングのデュアルプロトコル環境監視
-IPv6プレフィクスの統一的な管理手法

[ pdf発表資料(PDF) ]
知的財産
[ルートクラスター]
Hexaでは、ルートクラスターテクノロジーを利用しています。
ルートクラスターとは、トラヒックが流れていないLSPのパス(例えばバックアップパスなど)の経路を「見える化」する技術です。
ルートクラスターイメージ図
2010/09/26
【特許取得】
ネットワークを構成するルータや伝送装置から機器情報やサービス情報を取得したり、クラウドコンピューティング等を構成する(仮想)サーバから機器情報やサービス情報を取得し管理する場合に、廃止された機器情報や停止サービス情報を保持管理する技術に関して日本特許庁より特許を取得しました。
2010/07/01
【特許取得】
MPLSやPBBネットワークにおけるパスや回線の経路のグラフィカル表示技術において、監視対象ASの外部ASから流入するトラヒック、まはた外部AS に流出していくトラヒックにおいて、監視対象AS内で利用するパスや回線の経路をグラフィカルに表示する基本技術に関して日本特許庁と米国特許庁より特許を取得しました。
2010/07/01
【特許取得】
MPLSやPBBネットワークにおけるパスや回線の経路のグラフィカル表示技術において、ユーザトラヒックが流れていない時でも冗長経路(運用待ちパスや回線、バックアップパスや回線、Fast Reroute用のパスや回線等)を表示する基本技術に関して日本特許庁と米国特許庁より特許を取得しました。
お問い合わせページへ
株式会社クラウド・スコープ・テクノロジーズ 営業部
TEL:03-3403-8321

※営業時間:9:00~17:00(土・日・祝日・当社休業日を除く)
FAX:03-3403-8336
製品・ソリューション
Webユーザインタフェースを備えた次世代監視システム Monarch クラウド環境に対応した監視システム
クラウド・スコープ・テクノロジーズの主力商品Hexa
SaaS/PaaS/IaaS管理のための新製品登場!MoonWalker
SaaS/PaaS/IaaS管理のための新製品登場!MoonWalker CE
SaaS/PaaS/IaaS管理のための新製品登場!MoonWalker CE VLAN
PureSystems利用ユーザ対応監視・管理ツール MoonWalker for PureSystems
セミナー情報
ニュースリリース
研究開発
会社紹介

「Fun to Share」に参加しています

クラウド・スコープ・テクノロジーズは
「Fun to Share」に参加しています